自動で毎日記録してくれて、ヒーターが壊れた時にお知らせしてくれる水温計が欲しい!【Raspberry Piセットアップ編】

便利ツール

<前回までの記録>

理想の水温計を作成するにあたって、まずはRaspberry Piのセットアップをしていきます。

数年前に使用したきりの基板なので、ちゃんと動いてくれるか心配。。。

準備するもの

下記のものを準備します!

  • Raspberry Pi本体
  • microSDカード
  • 電源用コード(USB-typeC)
  • USB ACアダプタ
  • キーボードとマウス
  • ディスプレイ、HDMIケーブル
  • SDカードへ書き込む用のPC

Raspberry Pi本体

本体です。

自分が持ってるのはRaspberry Pi 2 Model Bですが、新たに購入される方は最新のRaspberry Pi4がオススメです!

ケースはご自由にどうぞ!

microSDカード

自分は16GBのmicroSDカードを使用しています。

SDカードリーダーのついていないPCの場合、USBタイプのSDカードリーダーが便利ですよ!

電源用コード(USB-typeC)

今やどのご家庭にもある(であろう)USB-typeCのコードです。

RaspberryPiの電源供給に使用します。

USB ACアダプタ

同じくすっかりお馴染みのコレです。先ほどのコードを指して、コンセントに繋ぎます。

キーボードとマウス

私は家にあった無線タイプのものを使用していますが、有線じゃないと繋がらないという噂を聞いたことがあります。

これから買う人は、念のため有線がいいのかも。。

ディスプレイ、HDMIケーブル

RaspberryPiを写す用のディスプレイです。

RaspberryPiとはHDMIケーブルで接続します。

RaspberryPi4ではmicroHDMIになったようなので、必要に応じて変換コネクタをお買い求めください。

SDカードへ書き込む用のPC

自分はMacbook Airを使用しています。Windowsでも全く問題ないです。

OSのイメージをSDカードに焼く

この記事を書いている時(2020/4現在)だと、この方法が一番良さそうでした!

自分はMacを使用していますが、Windowsでも出来るみたいです。

Raspbianのなどの書き込み総合ソフト「Raspberry Pi Imager」がリリースhttps://raspida.com/release-raspberry-pi-imager

こういうもののやり方は、時間が経つとすぐアップデートされて変わってしまうので、その時の最新の方法をググってみてくださいね!

リンク先に従って、OSのイメージをSDカードに焼いていきます。

インストール後、3クリックぐらいで完成します。すごく簡単でびっくり!

起動するか確認する

RaspberryPiに、マウス・キーボード、HDMIケーブル・ディスプレイを接続します。

USBハブはなくてもOKだと思います〜

SDカードを入れた後、電源コードをコンセントにIN!

無事OSが起動しました 🙂

セットアップダイアログが起動しているので、表示に従ってセットアップを進めます。

大体30分ぐらいでセットアップは完了し、Wi-Fiに繋ぐと無事ウェブサイトにつながりました!わーい

これでマイコンの準備は整ったので、次はセンサーと繋いでいきます。

次回予告

水温センサーをRaspberry Piに接続し、水温の値を取得しようと思います。

回路はめっちゃ苦手なんですが、なんとか頑張ります〜


自作水温計シリーズ

第一回


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ

よかったら投票お願いします!毎日励みになってます❣️❣️

<続きはこちら>

コメント

タイトルとURLをコピーしました