カメラ比較!熱帯魚を撮るのに向いていたのは・・?明るいところとナイトモードで比較

便利ツール

アクアリウムをしていると、かわいい熱帯魚だったり、水槽レイアウトの写真を撮りたくなりますよね!

今日はわたしの手持ちのカメラで撮った熱帯魚写真の比較をしてみたいと思います。

ちなみにわたしのカメラの腕は皆無です。

カメラ初心者でも簡単に撮れるものをご紹介します♪

持っているカメラ

  • ミラーレス一眼(OLYMPUS PEN Lite E-PL6)
  • iPhone X
  • iPhone 11 Pro

さてさて、どのカメラが一番綺麗に撮れるでしょうか?

撮る対象について

現在、我が家の水槽には、カージナルテトラオトシンクルスがいます。

オトシンクルスは苔を食べたり、ガラスにくっついている間はじっとしているため撮るのが簡単です。

比較的スイスイと泳いでおり光が反射して撮るのが難しいカージナルテトラを対象に今回は撮ってみます。

ミラーレス一眼で撮ってみた

めっちゃぼやける!!!

水草の色とか綺麗に写ってるんですけど、肝心のカージナルテトラが全く写ってないですね。。。

何枚も撮ったのですが、一番綺麗に撮れたものでこの程度です。

全体的な色彩はいい感じなのですが、輪郭がぼやっとしています

フォーカスとか、シャッター速度をいい感じにするともっと良く撮れるのかもしれません。

あとはいいレンズを買うとか…

とにかく、このカメラで今すぐ綺麗に撮るのは難しそうです。

iPhone Xで撮ってみた

次はiPhone Xで撮ってみました

ピントが合わない件については、さっきより大分良くなりました。

これは「Live Photo」モードを使用して前後の動きを含めて撮影しており、これは一番ピントが合っている瞬間です。

しかし、色合いがなんか暗いですね。。。

ピントもまだあまり合っていなさそうです。

もうちょっと頑張って撮ってみました。

り、輪郭が・・・!輪郭が見える!!!(感動)

表面にある鱗?模様のようなものまで見ることができます。

かなり良くなりました。

ただ、後ろの水草が鮮明でみずみずしく写っているのと比較して、カージナルテトラさんの色は少し暗めです。

照明や撮る位置を工夫すればもう少し改善しそうですが、i Phone Xで今回以上のベストショットは撮るのが大変だということがわかりました。

iPhone 11 Proで撮ってみた

お次は大本命!iPhone 11 Proで撮影してみました。

ヒレが見える!!!!!!すごい!

前の2つのカメラではほとんど写らなかった、背びれや尾びれがくっきりと写っています。

色も実際の色と近いです。

(今気付きましたが、カージナルテトラの背後からオトシンクルスがじっと見てますね)

明るいところで撮ってもいい感じです!

ベストショット比較

ベストショットを並べてみるとこんな感じです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
iPhone X
iPhone 11 Pro

よって優勝はiPhone 11 Proです!!!

色彩的にはミラーレス一眼が好きなんですけど、多分光を多く取り込むためにシャッタースピードが長めなので、ピントが合い辛いのかなと思います。

カメラで綺麗に撮れないのは私の技量不足です。。

しかし、そんなライトユーザーでもボタンをポチッとするだけで綺麗に撮れるのがiPhone 11 Proです!

こんなにも違うのかと感動いたしました。

番外編:暗いところではどうなるの?

iPhone11ではナイトモードが搭載されました!

消灯後の薄暗い水槽の中で撮影し、その写真を比較してみたいと思います。

まずは、iPhoneXから。

うーん。暗いです。

撮ったのが流木の下なこともあるのですが、これだとあまり良く見えないですね。。

次に、iPhone11 Pro

かなり明るくなりました。

ピントが合っており、オトシンクルスの魚の形がはっきりと写っています。

ナイトモードを使って撮影すると、また味のある写真になりますね!

まとめ

熱帯魚を楽して撮りたいならiPhone 11 Proがオススメ!


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ

よかったら投票お願いします!毎日励みになってます❣️❣️

コメント

タイトルとURLをコピーしました